読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トワイライツ・ノーツ

日記と本と、時々Web

『いつか』『まだ』なんて言っている内にきっとおばあちゃんになっちゃうよ

雑記


こんな呟きをしたのですが(一番下の母は子の間違いですね)、その昔、私も親の『いつか』とか『まだ』にものすごくもやもやしたものでした。



いつか連れて行ってあげるから。

またいつかね。

まだダメ。



親の常套句みたいなものですけれど、それを聞くたびに「じゃあいつかっていつなの!?」と内心怒っていました。

(あんまりしつこく言い続けると怒られるのでその内諦めましたが……)


期限がいつなんだかさっぱり見当がつかない上に、そういうことを言われ続けていると、子どもだって『いつか』とか『まだ』と親が言う時は、その気がないんだなということがわかってくるからです。



ただ、いざ自分が大人になってみると……知らないうちに『いつか』と『まだ』で手を付けていないものがたくさんあることに気がつきました。



いつか海外旅行に行こう。

いつか英語の勉強をしよう。

いつかあれを買おう。



まだ準備ができてないからダメだ。

まだその時じゃない。

まだよくわからないから。



どれも、もう何年越しでそんな風に手を付けていなくて、このままじゃおばあちゃんになっちゃうんじゃないかなあと。


時間がたっぷりある子どもの頃は、何かをしたいと思ったらもうやらないことには居てもたってもいられないのに、残り時間がじりじり減ってきている大人になると、何だかんだと先送りしてしまうというのは、自覚するとちょっと胸が痛いです。


とりあえず、したいことを全部棚卸して、少しずつでも手をつけたいと思ったそんな出来事でした。