読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トワイライツ・ノーツ

日記と本と、時々Web

【今週のお題】「今年買ってよかったもの」を振り返る

今週のお題「今年買ってよかったもの」〈2014年をふりかえる 2〉

シンプルライフを目指しているのですが、意外と物を買ってました。
という訳で、私の今年買ってよかったものです。

たった1日で即戦力になるExcelの教科書

たった1日で即戦力になるExcelの教科書
吉田 拳
技術評論社
売り上げランキング: 242

何度おススメするんだ、と我ながら思うのですが、お値段以上の価値はあったと思います。マクロまで組まなくてもかなりのことができることがわかったし、色々知らなかった機能や考え方も載っていたので。

Web制作の現場で使うjQueryデザイン入門[改訂新版] (WEB PROFESSIONAL)

Webデザインの学校の指定教科書だった本。
セレクタ一覧がまとめてあって便利ですし、何よりこの教科書のコード、商用で使ってもOKというのがすごくありがたいです。
(本でも、あるいはインターネット上でも、コードを使っていいのか曖昧なものがあったり、有料だったり、そもそも商用使用NGだったりするものがあるので……)

小物

ふせん

アナログなんですが、用事を書いてはペタペタっとパソコン画面の下に貼っています。
一応、マイルールとしてはそこからははみ出さない範囲で、ということにしています。
PCの画面上にふせんを貼り出したりするツールとかgoogleカレンダーとかを使うより、私にとってはこちらの方が楽だし確実みたいです。
ペーパーレスももちろん大事なんですが、やっぱり『そこにある』ってすごい存在感。忘れたらいけない用事はふせんに書いて貼っておいた方が目につきます。

身体のケア

近頃、目が霞んだり、明らかに視力が落ちたり、姿勢が悪いのか腰が痛くなったり……ということが起こり始めてきたので、大事に至る前に少しずつ日常の中でケアすることにしました。

美脚骨盤クッション

美脚骨盤クッション
美脚骨盤クッション
posted with amazlet at 14.12.13
コジット
売り上げランキング: 3,340

気づくと足を組んでいたりして、姿勢が良くないので購入。きちんとした姿勢をしていないと逆に辛いせいか、仕事終わりの、腰から背中が重たるい感じがだいぶ軽減しました。
あと別に購入してみたベーグルクッションと違ってヘタれないのも◎。
ただ、このハデハデしいピンク、何とかならないかなぁ……というのが気になります。

あずきのチカラ 目もと用

あずきのチカラ 目もと用
桐灰化学 (2008-10-14)
売り上げランキング: 11

最初はあずきだしすぐ冷めてしまうのでは……と思っていたのですが、10分程は温かいままでした。この寒い時期に10分程度温かさが持続するとは嬉しい誤算でした。
寝る前に電子レンジで温めて、目に載せたまま寝ると気持ちがいいし、心なしか寝つきがいいような気がします。
蒸しタオルだと顔に載せたまま寝ることはできないですし、そこも良いです。
翌朝の目の感じが確実に違います。

【第2類医薬品】サンテメディカル10 12mL

ちょっとスースー感が強いのが難ですが、仕事中にさすとスッキリします。
それからちょっと気がついたのですが、『仕事中に目薬をさす』ってほんの数分なり、画面から目を離す時間を作ることにもなるので、良いことだと感じました。
Web系ということもあって仕事中は画面を凝視しがちなので。

まとめ

色々と買ってよかったものを並べてみましたが、おおむね仕事関係ですし、それに『知識習得』と『自分の身体のメンテナンス』という面に意識が向いているみたいです。
理由として、自分が思っているよりも私自身の身体は頑丈でもないし、日常できちんと気をつけないと……という自覚が出てきたことがあります。

『知識習得』というのは、新しい仕事先で覚えることがたくさんある、ということが大きいです。それに伴って、少しでも仕事を確実にこなせるようになりたいし、後々自分が楽になるように準備をしていきたい、ということであれも、これも、勉強したいなあという気持ちからです。

という訳で、私の今年買ってよかったものでした。
でも、中でも最近は電子機器の普及がどんどん増えていますから、あずきのチカラは特に! 特に! 色んな人におすすめしたい程気持ち良いです。
今の所私の行動範囲で購入ができるのが1カ所だけなのですが、こうして少しでも広まって人気商品になれば、色々なところに置いてもらえるのではないか、という目論見もあります。

でも本当に、『よいと思ったものはよいと言う』って大事なことだなあと最近よく感じています。そうやって自分がいいよ! って言っているのをちらっとでも見かけて興味を持ってくれた人が『知ってよかった』と思ってくれれば嬉しいし、そういう商品はできるだけ長く続いて欲しいです。