トワイライツ・ノーツ

日記と本と、時々Web

【日記】2015年11月12日 おそ松さんの必然性と人気の理由を考えてみた

収支

外食:480円

おやつ:562円

牛乳:116円

計1158円

メモ

おそ松さんにドはまりは依然継続中ですが、こちらの考察を読んでなるほど、行間というか妄想補完の余地がある方が好きな人は結構いるのかと思いました。

腐女子からみる「おそ松さん」人気の理由~声優は“入口”にすぎない~ - だれも知らない

で、おそ松さんのなにが一体受けているのかな、と私も考えてみたのですが、顔が同じ六つ子というところが強い気がします。

外見上、ほとんど同じなのに中から大好きなキャラだけはばっちりわかるというのはそれだけで特別感があります。外見上は大きな違いはないので、動き、声、性格、服装、チョロ毛など注意深く見ますし、見分けられると嬉しい。

アニメを流し見ではなく、こんなに一生懸命観たのは久しぶりです。

目を凝らして見て、似たような六つ子の中から浮き上がる推し松。

もはや擬似的な片思いのようです。この辺も人気の理由のひとつなのではないかなあと思います。私も好きな松だけはわかりますし。

それと絵が比較的簡素な方なので、二次創作時、描き手の好みで原作準拠、美形風、さらにデフォルメなど味付けがしやすいのもあるかも知れません。

二次創作について:おそ松さんはおそ松さんでなければ成立しない

私は基本的に原作に忠実なのが好きなので、「作中描かれてはいないけどこういうのはあり得る」「裏ではこういう流れだったのではないか」というようなものは楽しめますが、原作に矛盾する設定の変更や追加をバシバシ加えたものは見ません。

キャラクターと舞台設定を借りてきてるだけで、そのシチュエーション好きなのが先にきてるよね、と思ってしまうからです。もっと率直に言えば、その作品を利用せず、オリジナルキャラでいいんじゃないのかな、と感じる訳です。

その意味では、このスーパーニャンコの回、第五話のこの考察大好きです。

とは言っても、おそ松さん自体が既におそ松くんの二次創作みたいなものですけれど、おそ松さんが大人になったら、というパラレルワールドのひとつとして案外普通に受け入れられています。

なぜならおそ松さんはおそ松くんという世界観とキャラクターでしかできない展開ばかりです。
設定だけ借りてきて、他の作品のキャラを借りてもできるのでは、というものとは違って、おそ松さんでなければできなかった作品という必然性がしっかりあると私は考えています。

おそ松さん 第一松 [Blu-ray]
エイベックス・ピクチャーズ (2016-01-29)
売り上げランキング: 31
はなまるぴっぴはよいこだけ
A応P
SPACE SHOWER MUSIC (2015-11-11)
売り上げランキング: 2
【早期購入特典あり】SIX SAME FACES ~今夜は最高!!!!!!~(メーカー特典:描き下ろしアナザージャケット付)
VOICE by イヤミ feat.おそ松×カラ松×チョロ松×一松×十四松×トド松(cv.鈴村健一櫻井孝宏中村悠一神谷浩史、福山 潤、小野大輔入野自由)
エイベックス・ピクチャーズ株式会社(Music) (2015-12-16)
売り上げランキング: 3

つまり、円盤、CDなどに手を出しそうなくらいドはまりしているのです。