トワイライツ・ノーツ

読書感想と気ままなこと

疲れ果てていた退職後から未払残業代請求するまで回復した経過の覚書

ようやく一番の懸案事項に少し目途が立ちそうということと心身共に落ち着いてきてほっとしているのですが、疲労や回復にも段階があるみたい、ということで経過を簡単にまとめてみようと思います。
未払残業代の件も徐々に進んできました。

退職後から今に至るまでの経過

7月

  • 色々あった*1前社を辞め、慢性的に体調不良の状態。
  • 未払残業代もあり、その件を片付けなくてはならず、気分が重たくなる
  • なるべく早く転職をと思い並行して転職活動
  • 何十社とお祈りメールが届き、三十路過ぎという年齢も重なり、「もう転職は無理なのか……」と精神的にもダメージ。

この時期は体調不良も相まってとにかく悲観的になっていました。

また、未払残業代について色々調べたり労働基準監督署やハローワークを往復していたのですが、これも精神的・時間的にかなりの負担でした。
そもそも、本当に未払の残業代は正当なものなのか?
間違いはないのか?
私の能力不足であれば請求すること自体駄目なのでは?
等々、迷いもありました。

8月

  • 風邪を引き、更に疲れが噴き出たのかアトピーが悪化して体調を持ち崩す。
  • 月半ばでこれは限界と就活は一旦ストップ。
  • すぐに再就職する気だったためもらうつもりのなかった失業保険の手続き。
  • やっと残業代の請求を内容証明で送る。
  • 伸び伸びにしていた少々遠方のかかりつけの病院へ行く。
  • 生活は夜型に。
  • 8月下旬からは次第に生活リズムも朝方に。

この時期は暑さもあって、体調をかなり崩していました。
精神的にもかなり疲れていたのか、お皿を洗ったり洗濯をしたりという基本的な家事もなかなかこなせず。
元々、子供の頃から夜型のため昼夜逆転はしやすい質です。

思い返せば、7月~8月はもしかしたら少々うつ気味だったのかなと思います。
なにをしてもあまり楽しくないし、気分も沈みがちに。
こうなっては仕方がないと、やりたいゲームを思う存分やって、夜型生活を気のすむまで送ろうと決めました。

8月下旬に未払残業代の内容証明を送った辺りからは、病院に行ったことや、一番心に引っかかっていたことを片付けたせいなのか、気分や体調も徐々に上向きに。
家事程度は以前と同様にこなせるように。

また、一個ずつでもやらないといけないことを片付けようと、タスクの洗い出しをする。

9月(現在進行中)

  • 未払残業代の内容証明で指定した期日を過ぎても反応がないため、労働基準監督署へ。
  • ずっと気にかかっていた本の処分。
  • 部屋の片づけ。
  • 就活の再開。
  • ほとんど朝方の生活に変化。
  • ゲームなどの逃避行動は徐々に減り、家事をしたり用事を済ませたり、ブログを書く気になってくる。
  • 元々生理不順だったのだが、実は今年に入って月経が8か月止まっていた。もしも病気があったら……と恐れていた産婦人科についに来院。

未払残業代の件について動いたことで、明らかに徐々に気分が上向きになってきています。
また、失業保険の受給日が近くなってきて、お金について少しだけ安心したことも大きいでしょう。

気分が沈んでいると家事にしろ色々な手続きにしろ、タスクを山のように感じて嫌気がさしてきます。
けれど一日ひとつでもやって『ひとつ用事が済んだ。少しずつできるようになってる。今日はこれで充分』と自分を肯定してやっているのも効いている気がします。

月経が止まっていたのも不安でしたが、診察の結果子宮に異常はないしストレスでは、ということで病気ではなさそうです。

更に、沈んでばかりいた気分の中に、怒りらしきものも徐々に復活してきました。
未払残業代の件で言ってしまえば被害を受けていた自分が、何だってこんなに手間暇かけた上に思い悩まなければならないのか?
そもそも内容証明を無視ってありえないでしょう?
残業代時給500円代で本当に問題ないと思っていたのか? 東京の最低賃金を下回ってるぞ!
……などなど。

まとめ

何というか先方に対してこういう怒りを徐々に感じて来るようになったのは悪い傾向ではないような気がします。
7月から8月を思い返すに、怒るエネルギーすらなかったのではないでしょうか?

一体何だって『未払残業代を請求するのがお門違いなのではないか』と思ってしまっていたかというと、ことあるごとに社長から言われていた『前任の人は今ふたりでやっている仕事を全部ひとりでやっていた』『他の人は一か月もすれば仕事を回していた』『考え方がおかしい』という言葉で、自分は無能なのではないか、おかしいのではないか……と感じてしまっていたことが大きな原因なのでは、と思います。

しかし、確かに能力不足はあったのかも知れませんが、決して業務をサボっていたとか手を抜いていた訳ではないし、少なくとも残業代は勤務時間に対する正当な報酬です。

と考えるまでに2か月近くもかかってしまいました。
まだきちんと振り込まれるかはわかりませんが、その内残業代の計算方法もまとめてみようかなあと思っています。

時間はかかりましたが、ちょっとずつ前進はしているような気はしています。

あとは就活がうまくいって、今度こそはきちんとした会社に行ければ言うことはないです。頑張ろー。

*1:ここで細かく述べると愚痴にしかならないので機会があればそのうちに