トワイライツ・ノーツ

本とWEBと、デザイン

十年残るものがない世界の憂鬱。Web業界に疲れたときの処方箋。

Web制作の世界に足を踏み入れて5年目になりました。
しかし仕事をしながら、憂鬱な気分にもなることもあります。

一体なぜそんな気分になるのか、そしてそんなときの個人的な処方箋について。

十年残るものがない世界の憂鬱

Web業界の場合、手掛けた制作物は十年後にはほとんど存在していません。

Web制作の仕事は非常に回転が早く、技術やトレンドも次々と新しいものが出てくるため、作ったサイトはほとんどが5~6年程でリニューアルされます。
私も実際、いくつかのサイトを新規制作したり、リニューアル案件を担当・実装しています。

どれだけ一生懸命作っても、サイトは5~6年――短いときには数か月で『リニューアル』や『消えて』しまうことがほとんど。
そのため仕事をしていても、形となって積み上げたり実績となっている実感が薄い、というのは特筆すべきことではないでしょうか。
仮にリニューアルがなかったとしても、10年以上持つ企業やサービスは少ないため、サイトそのものが消えてしまっている可能性も高い。

忌憚のないことを言えば、Web制作業界は変化を楽しんだり、新しいことをどんどん勉強して試せる――そういったことにモチベーションを感じるタイプの人でないと、仕事を続けることが難しい業界ではあると思います。

ただ、これは別にWeb制作に限らない傾向ではあります。
変わらないペースで、ルーチンワークで回せる仕事――というのは少なくなってきてしまいました。

制作物の消費スパンはどんどん短くなっている

コンテンツも、物も、昔に比べると消費されるスパンが格段に短くなっています。

私が生まれた頃には車やテレビ、固定電話は当たり前にあったのですが、まだ比較的に手作業やローカルな部分は多く残っていました。
しかしポケベルやPHS(携帯電話の前身のようなもの)が登場し出した頃から色々なことが加速し始め、特にインターネットが登場して以来の変化の速度は目を瞠るほどです。

自分の立っている場所、目指したい場所もどんどん変わる

世の中の移り変わるスピードは速くて、でも長く形に残るものはなくて――自分の立っている場所がよくわからなくなって息切れしてしまうこともあります。
何故なら、立っている場所も、目指す場所さえも、どんどん変化してしまうからです。

そういった中で手元に残るものといえば、最終的には経験と人との繋がりと私は考えています。

以前はできなかったことができるようになった。
新しい知り合いが増えた。
仕事をもらう先が変わった。
手元に入るお金に変化があった。
……

大きなことから小さなことまで、手を動かし続けていればなにかしら変化は起こっているはずです。

しかし制作物として長く形に残る仕事ではない都合上、変化や向上を意識しづらいという問題はあります。
その上、移り変わるスピードが速すぎて、ゆっくり立ち止まって考えることもできないことも多いです。

実際、業務上必要なことを急ピッチで勉強しなければならなかったりで、休み中も気が休まらないことがかなり。

Web業界は刺激的だし移り変わりが本当に早いのは良いところでもあります。
けれどそれは常に走り続けるのと同義ですから、ときどき疲れたな、と感じてしまうことは仕方がないところだと考えています。

Web業界に疲れたときの処方箋

  • 作ったサイトのソースコードやデザインカンプ、書類を保管しておくこと。
  • 数行でいいので、簡単に日記のような記録を付けておくこと。

Web業界に入ったら、できればすぐにこれをやっておくことをおすすめします。

上述したように、実際のWebサイトはいつ消えたりリニューアルがかかるかわからないため、過去を参照する術が無くなってしまいやすいからです。

過去の制作物を手元で参照できれば、その当時からどのくらい進歩したのかわかりやすいし、記録をつけていればなにを思っていたのか、なにをしていたのかを思い出す手掛かりになります。

一番良くないのは、疲れと自分の進歩がわからないことがセットになってしまうことです。モチベーションを下げてしまう要因になり得ます。

自分の進歩をはかるのに、他人といくら比較しても意味はほとんどありません。環境も能力も違うものを比較しても、判断はうまくできないでしょう。

残念ながら激務の職場はまだある

Web業界の労働状況は、以前はかなり激務でした。現在もそういうところはまだあります。

本当に疲れた、と感じるのなら環境を変えるか、お休みしてもいいと思います。
走り続けた分、充電を必要とすることもあるでしょうし、環境を変えれば改善が見込めることもあるでしょう。

徐々にWeb制作業界の労働状況は変わってきているようですが、仕事の性質上まだまだ改善に時間がかかる部分は大きいです。
離れるという選択肢もある、ということを忘れないこともまた、大切な処方箋になり得ると思います。