トワイライツ・ノーツ

読書感想と気ままなこと

子供の頃住んでいた場所に帰りたいと思い続けている

f:id:Kuichi:20191121000656j:plain

中学1年生の終わりまで、愛知県で暮らしていました。

名古屋にもそこそこ近いところで、当時は都会ではなかったものの田舎でもない、でも緑の多いそんな場所です。

当時は長久手町、と言いました(今は市になっていますね)。

名古屋に近い場所らしく喫茶店も多かったので、なにかと言えばよく連れて行ってもらっていました。
散歩の途中、本屋の帰り、ただコーヒーを飲みに行くだけ、置いてある漫画の続きが気になるから……などなど、理由があってもなくても、喫茶店にはよく足を運びました。

対面でのんびりお茶をしている親の姿、店内にしみついたコーヒーの香り、窓の外を通り過ぎていく車の音、大好きだったアイスオレンジティー、口の中で溶けていくミルクの香るクッキーなど、今でも思い出すことができます。

遊び場としては、現在は愛・地球博記念公園(モリコロパーク)の場所にあった愛知県青少年公園によく行きました。

青少年公園の設備の中でも、スケートリンクとゴーカート、ロボット館見学、サイクリングは本当によくやりました。
本当に何度もやっていたので、親もよく付き合ってくれたものです。
もっとも、連れて行けば一日中遊べる場所でしたから、親としてもとりあえずそこでいいか、と考えていたフシもあるように思います。

秋は香嵐渓で紅葉や川を眺めたり、五平餅を頬張って頬についた味噌を親指で拭って舐めていた記憶が鮮明に残っています。

あとは、本が好きだったので本屋にもよく通っていました。それほど大きな本屋ではなかったですが、小さな内は絵本コーナー、大きくなってからコミックコーナーに入り浸っていて、親が一緒のときはしょっちゅう本をねだっていました。

スガキヤのラーメンやソフトクリーム、手羽先、味噌煮込みうどん、ころきしなど、今でも無性に食べたくなるほど、名古屋飯も愛してやみません。

思い出すと、いつも帰りたくなります。もうそこに実家もないのですけれど。

私は喫茶店と本屋と、緑が多くてのんびりできる場所と、あとは味噌煮込みうどんがあれば、割と幸福に暮らしていけるんだろうなと思っています。


書籍化記念! SUUMOタウン特別お題キャンペーン #住みたい街、住みたかった街

書籍化記念! SUUMOタウン特別お題キャンペーン #住みたい街、住みたかった街
by リクルート住まいカンパニー