トワイライツ・ノーツ

本とWEBと、気ままなこと

FXで『いざというとき止まってしまう性格』を自覚した話

kuichi.hatenablog.com

こんにちは、柊クイチです。

こちらの記事に書いた辺りから「1万円から開始したFXで11000円まで増やすこと」を目標にしていましたが、2年越しで達成しました。
(途中1年ほどほったらかしにしていましたが)

見えてきた自分のタイプ

2年で1割増えたと考えれば悪い訳でもありません。

しかし思ったのですが、私はやっぱりギャンブルには向いていない性格のようです。
何故かというと、私は『いざというとき止まってしまうタイプ』だから

値動きが激しく乱高下するようないわゆる『稼ぎどき』に動けず、様子を見てしまってチャンスを逃す……というようなことが何度もありました

ギャンブルで稼ごうと思ったら、動いて決断を繰り返していかないと始まらない訳です。その振れ幅こそが利益になるので。
私はどうもそれができないタイプのようでした。

別にこれは悪いことばかりでもなく『極力平均化して淡々と積み上げて行く』投資には向いてるように思います。ドル・コスト法みたいな。

逆にFXのような短時間で決断を繰り返すようなものにはとんと向いていない、ということはわかりました。

1万円という少額でもポジションを持つと気になってチャートをずっと見てしまうし、値が動き始めても損切も決断できずにずるずる…というまあ、消極的に駄目な方です。

自分の性格を知るのに有用かも知れない

と、そんな感じでたまに思い立ったように1万円FXは続けているのですが、少額ながらもお金が関わっているだけに、心の動きや性格が出ます。

私は『いざというとき止まってしまうタイプ』という性格が見えてきたので、FXに限らず「あっ、今止まっちゃってるな自分」が自覚しやすくなって、やってみて良かったなと思います。

変な性格診断より当たる気がします。

余談

放り出していた1万円FXを突然再開したきっかけの本。
小池田マヤさん、非常に手広い作品を書いているのですが、投資までやっていたとは。
この漫画は仮想通貨の話ですね。
小池田さんはビットコインで焼かれ、現在は超少額でしかやっていないそうですが、そんな阿鼻叫喚具合でさえもどこか楽しんでいるみたいです。