トワイライツ・ノーツ

読書感想と気ままなこと

2018-01-22から1日間の記事一覧

こちらだけが知っている人の訃報を受け取る、ということ

三十路まで生きると、それなりに訃報を聞くことが増えてきます。私が訃報を聞いた一番古い記憶は、小学生の頃。 親の知人の息子さんで、小さな頃に私も何度か遊んでもらったことがあるという人だったそうです。 しかし当の私は息子さんのことは覚えておらず…