トワイライツ・ノーツ

日記と本と、時々Web

『習慣』とは別にブログ筋ってやっぱりある

ブログを書くのをさぼっていたのですが、以来何か……何か筆が乗らないというか違和感があるということが続いています。

私は『ブログは書きたい時に書く』という不定期更新スタイルなので、連日のようにブログを更新する時もあれば、しばらく間が空くこともある、という感じです。
でも、毎日、あるいはそれに近い頻度で書いている時と、それこそ数か月ぶりに書くような時では手ごたえや筆の進みがまったく違います。

『ブログを毎日更新しましょう!』みたいなことはあちこちで言われていて、それは『ブログを書くことを習慣化する』とも表現されます。

けれど、色々な間隔でブログを投稿してきた時の手ごたえの違いを考えるに、習慣とは別に『ブログ筋』みたいなものはあるなあと感じるようになりました。

筋力トレーニングをすればする程力がつく、というのによく似ています。
サボると、あまり自分では衰えたと感じていないのに、実はあっという間に筋力が落ちているところも。

ブログに限らずですけど、日々絶えず何かをしていれば『xx筋』みたいなものは必ずついているし、それこそ意識せずにできるようになっていたり、気づけば楽になっているようです。

日々の生活を振り返ってみると、今のところ一番発達しているのが読書筋、次点ブログ筋(リハビリ中)、次が料理筋と『筋』を付けてみた割にインドアばっかりでいけないなと思い、リアルの筋肉を付けるべく階段を使ってみたり、筋トレしてみたりしてる、そんな日々です。