トワイライツ・ノーツ

日記と本と、時々Web

最近古着を買うようになった訳

ここのところ、暇がある時は古着屋さんをちょっと覗いては気になったものを購入してます。

500円~1000円くらいの価格帯のものですね。


以前は、古着なんて誰がどう着たんだかわからない……とネガティブだったのですが、今は状態のいいものを選んで、ちゃんと洗濯すればまあいいかーという方向にシフトしつつあります。


しかし、なぜ古着を買うようになったか。実は『年齢』というのが大きな理由です。


というのも、20代ももうたそがれ。これまでファッションに対する関心が薄く、見かねた親に服を買いに連れて行かれる……という状態だったのですが。


家族からのこんな言葉が予想以上に刺さりました。


「服に関心がないのはわかるけどさ。20代の内に着れる服は着ておいた方がいいと思うよ。似合う似合わないって着てみないとわからないし、歳いったら着れない服とかあるじゃん」



ああ、そっか……と思った訳です。

今まで、ファッションに関しては無難・シンプル・流行に左右されないものを念頭に置いていたのですが、その分、成功も失敗も経験がほとんどないため、『似合う』とか『似合わない』とかの判断もよくわからないのです。


要するに、何を着てもピンとこない。



とは言っても、むやみに買って失敗した時のダメージは計り知れません。

服って高いですし。

(洋服売り場を見ていると普通に1万~とかの値段がついてますが、世の中の女性は本当にそんな服をぽんぽん買うのでしょうか。謎です……)



それに、ファッションに関する経験がほぼない私はかなりの枚数トライ&エラーとなる可能性が高い。


そこで、目に留まったのが古着屋さんという訳です。

今住んでいるところは、なぜか古着屋さんが結構ありまして、価格も安いです。

覗いてみたところ、状態のいい服、メーカー品も結構ありました。

それを見ながら、色んなテイストの服を試してみるために古着屋さんを活用すればいいのでは、とひらめいたのでした。


現在ふわっとしたワンピースを買ってみたり、タイトスカートを購入してみたり、今までとは違うテイストのものにチャレンジ中。

金額が安いので、気に入らなかったら別の古着屋さんに持って行けばいいやと気楽なものです。



しかし、そんなことをしながら、それこそ中高生くらいからファッションの成功失敗の経験をしておけば良かったなあと思いました。

若い内って変なファッションをしたり、可愛すぎるものを着たり、似合わないものを着ていても許されるところがある訳で。


この年代で変な失敗するのは、なるべくなら避けたいものです……。