読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トワイライツ・ノーツ

日記と本と、時々Web

【シンプルライフ】欲しいモノを手に入れるために『保留』が増えるジレンマ

シンプルライフ

最近服の整理をしました。
私の場合、手持ちの服はざっくりとこんな具合に分けられます。

  • 仕事着……スーツやシャツ。
  • 私服……普段着る服。
  • 肌着……下着や下に着るキャミソール、ヒートテックなど。
  • 上着……コート類。仕事・私服兼用。
  • パジャマ

概ね、仕事着と上着を除けば衣装ケース一段に収まる程度の量です。

今回は、何年も着倒して*1さすがにそろそろ傷んできたかな……というものを中心に整理しました。

積極的でない保留の理由にもやっとする

パジャマ以外の良く着ているもの=一軍という感じなのですが、改めて見ると、全体にてろっとしてるなとかそういったものを弾きました。

さしずめ、パジャマは二軍とでも言うべきでしょうか。一軍の中から『外には着て行けないけど室内で着るには充分で着心地の良いもの』を選ぶと、大体二軍行きになります。

が、それらの選定をしながら……『まだ一軍でOK』と『二軍or処分行き』の境目に居るような服が目に付いて、困ってしまいました。

よく着るし、別に破れてもいない。
ただ、改めて見ると傷みがある。
できるなら新しいものと交換したい。
でも代わりがない。

そういう感じのものが何点かあり、とりあえずは『よく着る』『代わりがない』ということで保留としたのですが、それでもあまり積極的な理由ではないな……ともやっとしています。

良くも悪くも、妥協ができないから『保留』が増える

自分が本当に欲しいと思うモノを選びましょう。

シンプルライフ系のブログや本ではよく言われることです。
けれど、あまりに行きすぎても私のように積極的でない理由で交換がきかなかったりすることがあるのではないかなと思います。

自分の本当に欲しいモノを、と思うから妥協ができないし、といって間に合わせのモノを買うのも嫌な訳で。

日用品なら、いくらか代替がきくものもあるとは思うのですが、肝心のモノが服では(デザインをとても気に入ってる)、なかなか難しいものがあります。

シンプルライフをしている人は、一体どうやってこの辺りのバランスを取っているのかな、と思いながら、新しい出会いを求めて服屋を覗いています。

*1:筆者はあまり服を買わないが、一度買ったら何年も着ていることが多い